Beautiful line

顎のたるみはこうやって無くす【美容整形であっという間にすっきり】

命に関わることもある

鏡を見る女性

皮膚にたるみが起こったことで二重顎になってしまう方もいらっしゃるでしょう。顎のたるみは太ってできたわけではないので、命に関わることがあるので放置すると危険な状態になってしまうこともあります。

気になる施術方法

鏡を見る女性

顎のたるみを手っ取り早く解消するには美容整形がおすすめです。美容整形で取るとなれば、気になるのはやはり施術方法でしょう。ここでは、たるみ取りの施術方法についてご紹介します。

たるみやすい人とは

先生

老けた印象になるたるみ

年を重ねると皮膚がたるんでくるのが分かります。特に顔がたるんでくると一気に老けた印象となるので、女性からすると嫌な思いをするでしょう。それに、顎にたるみができてしまうと特に太っているわけではないのに二重あごに見えてしまうこともあります。このように顔にたるみができてしまうととても嫌でしょう。しかし、たるみができてしまう原因を知り、対策すれば若い頃のようにたるみがないハリのある肌にすることができます。
たるみができてしまう原因は、皮膚の三層構造(表皮・真皮・皮下組織)にコラーゲンやヒアルロン酸が減ってしまったり、繊維が細くなってしまったりすることで皮膚を支える力が低下してしまうことで起こります。20歳以上になり加齢が進んでいくと誰もが起こるたるみですが、特に紫外線対策をせずに過ごしている方はたるみになる原因を作りだしている状況になります。そのため、幼い頃から紫外線を浴びないように対策したり、外に出る習慣がなかったりした方は、肌が大変きめ細かくてたるみが起こりにくくなっています。また、普段から乾燥肌の方も肌のバリア機能が低下しているので、紫外線などによって刺激を受けやすくなっており、たるみが起こってしまうので注意が必要です。他にも、筋力の低下や皮下脂肪の肥大、生活習慣が原因でたるみが起こることがあります。
筋力の低下は、デスクワークを行なっている方に多いとされています。デスクワークは長時間の同じ体勢で過ごすことが多いので筋肉が固まって働きが低下してしまうのです。また、姿勢が悪い方や運動不足の方も注意しなければいけません。体全体の筋力を上手く使う為にも、日頃から体を適度に動かすことが大切になります。
皮下脂肪の肥大は、体の代謝が低下することで起こります。体の代謝が悪くなると脂肪がどんどん体内に増えて重くなり、それによって皮膚が下へ下がってしまうのです。これは、顔にも大きく影響します。特にフェイスラインのたるみが起こりやすくなり、二重顎になってしまう原因のひとつです。勿論、皮下脂肪が肥大すると顔だけではなく他の部分にも影響します。体の代謝をできるだけ悪くしないように意識することが大事です。
生活習慣は、紫外線対策をしない、睡眠不足であるなどといったことが大きく影響します。顎などにできてしまうたるみは、紫外線などによって皮膚を支える力が低下したことで起こります。さらに、睡眠不足となれば、肌に受けたダメージを修復することができないのでたるみがどんどん悪化してしまうのです。そのため、顎などにたるみを発生させたくないなら日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行ない、毎日十分な睡眠をとるように心がけましょう。

既に悪化している場合

既に顎などのたるみができている場合は、美容整形で改善することができます。美容整形なら、早くたるみを無くすことができるので若返り効果を実感しやすくなります。

どれほどの期間がかかる?

頬を触る人

顎のたるみ取りを行なったらダウンタイムが続きます。施術後にどれほど続くのか気になるところでしょう。また、費用についても気になると思うのでここでは費用と期間についてまとめてみました。

ダウンタイムのケアとは?

医者

美容整形を行なったあとに必ずといっていいほどダウンタイムが起こります。顎のたるみを除去する時も施術によるダウンタイムが起こるので、どんなケアを行なえばいいかご紹介します。

選ぶ時の基準

カウンセリング

美容整形を受けるクリニックを選ぶ基準は、事前に把握しておいたほうがいいでしょう。そうすることで初めてでもどこが良いクリニックなのか見分けられるようになります。顎のたるみを除去する施術前に知っておいてください。