婦人

顎のたるみはこうやって無くす【美容整形であっという間にすっきり】

  1. ホーム
  2. ダウンタイムのケアとは?

ダウンタイムのケアとは?

医者

ダウンタイム後のケア

顎のたるみを除去する為に脂肪吸引した場合、ダウンタイムが起こります。ダウンタイムが起こったらしばらく腫れが続いたり、内出血が起こったりすることがあります。しかし、顎は結構目立つので早めにダウンタイムの症状を抑えたいと考えるでしょう。そんな方は、施術を行なった後にフェイスバンドで圧迫させることをおすすめします。フェイスバンドを装着するので、気になるかもしれませんが最低でも24時間圧迫させ続けることで効果を継続させやすくなります。24時間経ってからも、日中はつけることができないと思うので家にいる間や睡眠中などに装着するようにします。大体術後3カ月まで続けるようにすれば、シャープな顎のラインを作れるようになります。
また、マッサージすることも大切です。顎のたるみにあった脂肪を除去した後は、かなり硬くなります。マッサージしてしっかりとほぐしてあげることが大切です。1日に3回顎のラインを押したりつまんだりするマッサージを行なうようにしましょう。他にも、首を伸ばすようにストレッチすることも大切です。
フェイスバンド・マッサージ・ストレッチは、毎日続けることで顎のたるみを除去したために起こったダウンタイムを早く解消することができますし、デコボコとした状態になりにくくなります。回復も早くなるので、早く効果を実感したいのなら必ずケアを行なうようにしましょう。ケア方法については、医師からも詳しく説明を聞くことができます。

注意すべきこと

顎のたるみを除去する為に脂肪吸引を行なったあとはケアが大事です。しかし、早く効果を実感したいからといって無理に行なうことは禁物です。無理に行なってしまうと負担がかかってしまい、余計に回復が遅れてしまいます。見た目的なダウンタイムは、1週間ほどで改善されます。それから自宅にて上記で紹介した方法を毎日続けるようにしましょう。