婦人

顎のたるみはこうやって無くす【美容整形であっという間にすっきり】

  1. ホーム
  2. どれほどの期間がかかる?

どれほどの期間がかかる?

頬を触る人

気になるダウンタイム

どんな美容整形でもダウンタイムというリスクがあります。しかし、現代にはダウンタイムが無い施術だってあります。顎のたるみを除去する施術には、ダウンタイムがある施術とダウンタイムがない施術があるのでそれぞれご紹介します。
ダウンタイムがある顎のたるみを除去する施術は、脂肪吸引です。脂肪吸引は、脂肪細胞を吸引する管を直接挿入するので、体が傷と思ってしまい腫れや内出血が起こることがあります。しかし、顎のたるみの場合は、他の部位に比べると痛みと体への負担がほとんどないとされています。ですが、一週間ほどダウンタイムの症状が続くのでマスクして過ごせるのなら、仕事することは可能です。しかし、施術を行なった後はしばらく顎にだるさを感じます。若干の違和感がありますが、しばらくすると無くなっていくので心配ありません。そして、最も注意しなければいけないことは内出血です。内出血は、重力で移動するので顎から首にかけて起こります。特に首の皮は薄いので内出血が起こると目立ってしまい気になるかもしれません。冬場であれば、タートルネックなど首を隠せる服を着るといいでしょう。内出血が起こった場合、1週間から10日ほど起こることがあるので要注意です。
もし、顎のたるみを除去したことで痛みを感じた場合は、市販の痛み止めで対処することができます。あまりにも続く場合は病院へ行き相談したほうがいいですが、一時的な痛みの場合は市販の薬で対処したほうがいいかもしれません。
ダウンタイムが無い施術は、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は元々人間の体に必要な成分なので馴染みやすく、ダウンタイムが起こることがないとされています。ただ、顎のたるみでも脂肪が多くて起こっている場合、効果を期待することができません。脂肪が無くてたるみが起こっている場合のみ効果的な施術になるので、治療を受ける時は注意しないといけません。

費用について

顎のたるみを除去する施術は、方法によって費用が異なります。脂肪吸引する場合は、10万円~45万円とクリニックによって大きく価格変動が起こっているので差があります。しかし、ヒアルロン酸注入の場合は5万円程度で施術を受けることができます。定期的に受ける必要がありますが、ダウンタイムの心配がないので体への負担を抱えたくないと思っているのならヒアルロン酸注入がおすすめです。反対にダウンタイムがあっても何度も通うのが面倒だというのなら脂肪吸引のほうがいいでしょう。